胡蝶蘭のカラー

胡蝶蘭にはいろいろなカラーがあることをご存じでしょうか。もちろん種類もさまざまですが、ここではカラーについて考えてみましょう。多くの人が知っているのが真っ白の胡蝶蘭ではないでしょうか。また最近ではピンクの胡蝶蘭も多く利用されています。

ピンクの胡蝶蘭はとても濃い色のものが多く、白い胡蝶蘭と並ぶと紅白になって、よりおめでたさを感じさせることができるのです。また1つの花の中で中央付近がピンクで回りが白いタイプもあり、これは1つの花で紅白を表しています。特に日本人はおめでたいということを紅白で表す風習があるので、それにぴったりと言えるでしょう。

また最近ではイエローの胡蝶蘭も人気が出ています。少しカジュアルな感じになるもので、例えば男の子の出産などにも使われることも。また胡蝶蘭の大きさもいろいろあり、大輪のものから、ちょっとミディなもの、もっと小さい可愛いものなどいろいろです。しかし改まったお祝いなどに贈られるのは大玉や特玉のような大きなものが多いとのこと。

そして大きなものになると、やはり白やピンク、白ピンクなどが人気だと言われています。ミディタイプになるとカジュアルなイエローも増えてくるとのこと。また小さなミニ胡蝶蘭には紫やサファイアブルーなどもあり、品の良さを感じさせるこのようなカラーの胡蝶蘭も喜ばれています。