胡蝶蘭を楽しむ

胡蝶蘭は枝一本1万円なんて、ちょっと大人の世界の贈り物に使われていることが多い花ですが、もっと本当に花を楽しみたいものです。胡蝶蘭は単に大人の世界の贈り物にしておくだけでは、もったいないお花ではないでしょうか。とはいってもとても大輪などは高くて手がでません。

しかしミディタイプの胡蝶蘭やミニ胡蝶蘭なども、最近では手に届きやすい価格で売られています。特に胡蝶蘭といっても小さい花のものは、まるで蝶々の妖精が飛んでいるようなイメージのものもあるのです。自分で買って、自分で楽しむ。友達に気楽にプレゼントして気持ちを伝えるということに、もう少し胡蝶蘭を使いたいものです。

最近は黄色い可愛い胡蝶蘭や、パープルのミステリアスなイメージの胡蝶蘭、静かで品のいい薄いブルーの胡蝶蘭などもあります。他にも花びらに縦線の入ったものや、白い胡蝶蘭の花びらの1枚だけパープルになっているものなど、どれも品の良さと優雅さは見劣りせず、魅力的なかたちや色のものもたくさん出回っているのが現状です。

胡蝶蘭は育つまでは手間暇かかりますが、実際に花が咲いたものを楽しむときにはそれほど面倒もなく、お部屋の中でも日が当たればOK。水も毎日やることもなく、長い間楽しませてくれます。